ワキガというと大人がなるイメージが強いですよね? しかし、子供でもワキガになることがあるので注意してください。 子供がワキガになった場合、臭いは大人のワキガと同じなので、すぐに分かると思います。 子供の場合だと第二次性成長期に発症するケースが多いです。 第二次性成長期になると体だけではなく、アポクリン腺も成長してしまうので、その時にワキガになることがあります。 ワキガは遺伝するので、両親がワキガだと子供もワキガになる可能性が高いです。 片方だけなら50%程度の確率だといわれていますが、父・母ともにワキガの場合は80%の確率で遺伝します。 そして、近年は欧米よりの食生活に変化していることもあり、ワキガになる子供が増えています。 もし、自分の子供がワキガになった場合、傷つけないように対処することが大切です。 子供がワキガだと自覚しており、悩んでいるようであれば、一緒に解決方法を探すようにしてください。 そのまま何もしてあげないと、いじめや引きこもりに発展する可能性があります。